トランクルーム×シチュエーション

トランクルームに防音はついている?楽器の演奏はできるのか詳しく解説!

トランクルームに防音はついているのか?
楽器などは演奏できるのか気になるところですよね。

結論から申し上げますと防音はついていません。
トランクルームはもとから、騒音を立ててはいけない決まりがほとんどなので音を防ぐための処置はもとからしていません。

防音をついていないのなら、楽器などは演奏はできませんが、賢く保管場所として活用する方法があります。

そこで、今回の記事では防音はついていないがトランクルームを上手に活用する方法を解説します。

特に難しいことはないので気になっている方読んでみてください。

トランクルームに防音はついていないことがほとんど

先ほども説明した通り、トランクルームには防音機能がついていないことがほとんどです。
そもそも騒音が発生することを想定していないので当たり前ではあるのですが、その理由をさらに解説します。

防音機能がついていない理由

トランクルームに防音がついていない理由を紹介します。
トランクルームに防音がついていないのはちゃんと理由があります。

そもそも想定していないなどの理由をさらに解説します。

そもそも音を出してはいけない

トランクルームは都心や中心地など住宅街や街中にあることがほとんどです。
そのうえ、24時間開いているところが多いので近隣の迷惑になるとトランクルームを利用することができなくなります。

トランクルームで音を出してはいけないので、長く滞在することもできないです。
そのため、ルールとして、音を出してはいけないのです。

防音がついていないのではなく、つける必要がないのが正解に近いですね。

保管が主な目的

トランクルームを利用する時は保管が目的です。
そこで、運動をしたり、演奏をすることは禁止されています。

トランクルームで筋トレをやったり、演奏は禁止されていますのでそもそも防音をつける必要がないのが正解です。
保管目的のトランクルームに防音をつける必要がありません。

トランクルームで楽器の賢い利用方法

トランクルームに楽器を預けたい方へおすすめの方法を紹介します。

トランクルームに楽器を預けて取り出したい時に取り出せる環境を作ると非常に楽です。

そこで楽器の保管方法などを紹介します。

単純に保管で利用する

単純に保管として楽器を入れます。
この時に屋内型のトランクルームのほうが使い勝手はいいでしょう。

屋内型のトランクルームであれば、自分が使用したい時に取り出すことができるので、急な思い付きでも対応ができます。

一方で荷物を送る、宅配型のトランクルームですと、荷物を出し入れする労力はかかりませんが、自分の取り出しいときに取り出すことができません。
頼んでから数日はかかるのでタイミングがどうしても遅くなってしまいます。
単純に保管して、自分が使いたい時に利用するなら、屋内型のトランクルームほうがいいですね。

楽器の最適な保管状況

楽器をトランクルームに預けるときの最適な環境を紹介します。
楽器はデリケートなものが多く、環境が悪いと傷んでしまいます。

そのため、トランクルームに預けるときにどのような設備や環境が整っているのか確認する必要があります。

その際にこの環境が整っているとベストな項目を紹介します。

空調完備と防湿対策がされている

楽器を預けるときにあるといい環境や設備は空調が完備されていて、なおかつ防湿対策などをされているトランクルームがいいです。
中には空調などが完備されておらず、湿気と室温が高い状態のトランクルームもあるため、空調などの環境が整っているのかを調べることをおすすめします。

できれば、空調を完備しており、室温などを管理しているトランクルームが望ましいです。

空調が完備されているトランクルームであれば、楽器を預けても痛むこともなくまた、使いたい時にパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

トランクルームをレンタルする時は事前に確認することをおすすめします。

楽器ならトランクルームに預けよう

トランクルームには防音はないですが、楽器を預けることはできます。
そのため、トランクルームで楽器を演奏をしたいと思っていた方は預けるなんて選択肢はどうでしょうか?

楽器は頻繁に演奏することもない器具などが出てきますし、意外に場所を圧迫るすることも多くあります。

そんな時にトランクルームを活用すれば、収納やスペースを確保でき、楽器もいい状態で保管ができます。

ぜひ、賢くトランクルームを活用してみてください。