トランクルーム×シチュエーション

収納ピットにバイクを預けることは可能|預ける時の注意点は?

バイクの画像

収納ピットにバイクを預けることは可能。
しかし、バイクコンテナに預けるのではなく、屋外型のトランクルームに預けるかたちになります。

そのため、いくつか注意点ポイントが存在。

収納スペースにちゃんと入るのか、幅がは大丈夫かなど。

今回の記事では収納ピットにバイクを預ける時の注意点などを解説します。

収納ピットの画像
収納ピットの評判を分析!他社と比較してわかった特徴を紹介します!収納ピットの評判と口コミを紹介します。評判からわかった収納ピットがおすすめの人も合わせて解説します。...

収納ピットにバイクを預けることはできる

収納ピットにバイクを預けることはできます。
しかし、バイクコンテナではなく、あくまでも屋外型のトランクルームに預けるかたち。

そのため、バイク専用ではないので、収納がしづらいなどの弊害はでてくるかもしれません。
収納ピットにバイクを預ける際はスロープなど自分で用意するなどに注意しましょう。

バイクコンテナと屋外型でも預けることに基本的に変化はありません。

大きく違うのはコンテナのかたち。
バイクコンテナは細長くなっているのに対して、屋外型のトランクルームは正方形でなるべくいろいろなものを預けることができるようになっています。

細かい部分での違いはありますが、おなじようなトランクルームに預けることになります。

収納ピット
収納ピットの料金や初期費用を紹介!メリットやデメリットを紹介!収納ピットの料金や初期費用を紹介!メリットやデメリットを紹介! 収納ピットの利用を考えていると料金や初期費用が気になっていきます。 ...

バイクを預ける時の注意点

バイクを預ける時に注意するべきポイントがあります。
・段差のスロープは自分で用意する
・収納スペースの入り口の幅などに注意する

それぞれ詳しく解説していきます。

段差のスロープは自分で用意する

屋外型のトランクルームの入り口は段差があります。
バイクコンテナだと配慮して段差がないことやスロープがついていたりします。

段差をなくすスロープは自分で用意する必要あり。
加瀬のレンタルボックスなどは無料でレンタルしていたりしますが、収納ピットはそのようなサービスはありません。

そのため、自前で購入する必要があります。
しかし、今後もトランクルームのコンテナにバイクを預けることがあるなら持っておいて損はありません。

バイクコンテナはあってもスロープを用意していないところはけっこうあるので。

収納ピットにバイクを預ける時はスロープを用意することを注意しましょう。

収納スペースの幅に注意する

収納ピットにバイクを預ける時は収納スペースの幅などに注意しましょう。
収納スペースはもともとは屋外型のトランクルームでバイクを預けることができるほど大きくない可能性もあります。

大体1.5帖~2.0帖ほどあると十分。
しかし、トランクルームのかたちによっては収納できない可能性もあります。
そのため、事前に大きさと形を確認しておくことをおすすめします。

また、入り口の幅も注意するポイント。
中の収納スペースがあっても入り口でハンドルなどが引っかかって入らないと意味がないためです。

そのため、収納スペースの大きさと入口の幅をしっかりと確認しておいて契約をしましょう。

トランクルームにバイクを保管する時の広さはどのくらい?トランクルームにバイクを預ける時のサイズや注意 するポイントを解説しています。トランクルームに バイクを預けるにはサイズ以外に見るべき箇所が あります。、...

バイクを預けることですっきりとする

バイクは自宅においておくと結構な幅やスペースを取りますよね。
そのバイクを預けることができると非常に楽。

バイクを預けることできてスペースができるとかなりすっきりとすることができるはず。

そのためには自宅の近くにトランクルームなどがないといけません。
収納ピットは関東や関西を中心に店舗数も多く展開しています。

そのため、自宅の近くにある可能性も高いでしょう。
特に関西圏内などはトランクルームが少ないため、預けることができる地域も限られます。
収納ピットなら関西にも店舗も多いためレンタルすることもできるかもしれません。

ぜひ、バイクを預けること考えている方は検討してみてもいいかもしれません。