トランクルーム×シチュエーション

本の預かりサービスを徹底比較!おすすめのトランクルームは?

トランクルームの画像

本の預かりサービスとは?選び方や注意点

本預かりサービスの注意点などを紹介します。
本は部屋を圧迫するのでできれば、本の預かりサービスなどを利用して、読みたい時に取り出すのがおすすめです。

しかし、実際に預けるとなると注意点やどのようなトランクルームサービスがおすすめかわからないですよね。

そこで今回の記事ではおすすめのトランクルームサービス会社と本を預けるときの注意点などを紹介します。

現在、本をトランクルームに預けようと考えていて注意することやどこがおすすめなのかを知りたい方は参考にしてください。

屋内型のトランクルームか確認する

本を預けるときは必ず屋内型を選びましょう。
トランクルームは屋外型と屋内型がありますが屋外型だと雨などにさらされる可能性があります。

本は湿気などに弱いため、雨などに万が一触れるとすぐに傷んでしまいます。

そのため、トランクルームを選ぶ際は屋内型を選ぶようにしましょう。

宅配型のトランクルームサービスが楽

トランクルームは自分で荷物を出し入れするタイプと配送して送る宅配型があります。

本を預けるなら、宅配型のほうが楽でおすすめです。
段ボールに詰めて集荷依頼をだせば、荷物をとりにきてくれるので、荷物を預けるときも楽です。

自分が本を読みたい時はスマホやアプリで依頼をして、終わったら再度集荷依頼をだせば、自分が動がなくても本の出し入れができます。
そのため、本を預けることを選ぶなら宅配型のトランクルームがいいです。
本を預けるときに自分で運ぶとなるとかなりの重労働になりますので、もし、トランクルームを選ぶときは宅配型を選ぶといいでしょう。

年中無休で空調が稼働している

本は湿気などに強くないので、空調などが完備されていないとだめになってしまう可能性があります。

そのため、預けるときは空調が完備されており24時間かどうしているところを選びましょう。

本を捨てたくないならトランクルームへ

トランクルームに本を預ける事は有効的に本を活用できることになります。
現在は電子書籍など数多く出版されていますがやはりまだ紙の本は必要です。

しかし、紙の本は場所などを非常に圧迫するため置き場所に困るのも事実です。
トランクルームを活用すれば効率的にスペースを確保できて本を捨てずに済みます。

現在、本の置き場に困っている方は利用してみてください。