トランクルーム×シチュエーション

東京でトランクルームに衣類を預けるならどこ?預ける時の注意点も紹介!

トランクルーム 衣類

洋服を預ける時のトランクルームの選び方

トランクルームに預けるものの1つとして多いのが衣類関係です。
衣類は自宅のスペースを意外に圧迫したりして、できるなら着ないときは預けいたですよね。
トランクルームなら衣類を預けることができます。
しかし、トランクルームも種類が多いためどのタイプで預けたほうがいいか迷いますよね。

結論としては頻繁に着ないものを預けるなら宅配型のトランクルームがお勧めです。
もし、頻繁に出し入れする予定があるのであれば屋内型のトランクルームを利用する方がいいです。
宅配型のメリットは自分が動かなくても荷物を発送できるので、手間がかかりません。

逆に屋内型は自分で取り出す必要がありますが、出し入れするタイミングは自由ですし、量も多く預けることができます。

そこで今回の記事では東京で衣類をトランクルームに預けるときの注意点とおすすめのトランクルームを紹介します。
衣類をトランクルームに預けようと考えている方は参考にしてください。

すぐに着ないなら宅配型トランクルーム

すぐに着る予定がないのなら 宅配型のトランクルームがおすすめです。
宅配型のトランクルームの特徴として、ダンボールに詰め込んで集荷を依頼し、トランクルームに預けてもらうという自分が動かないのでかなり楽です。

デメリットとしてはすぐに取り出したりする時に取り出し料金が倍にかかってしまうことがあります。
そのため、頻繁に出し入れすることは難しいです。

また、すぐに使いたい時などに取り出したりすることができないこともデメリットです。
宅配型のトランクルームで衣類を預けるなら、季節の変わり目での衣替えのタイミングなど頻繁に取り出さない衣類がいいです。

頻繁に取り出すと料金がかなりかさんでしまう可能性があります。
宅配型のトランクルームのメリットは自分が動かなくていいので、そこが最大のメリットです。
自分が預けたいタイミングにスマホから集荷依頼などをすると預けることができます。

もし、衣替えのタイミングなど長期でトランクルームに衣類を預けたい方は宅配型がおすすめです。

すぐに出し入れするなら屋内型トランクルーム

衣類などをすぐに出し入れするなら、屋内型のトランクルームがおすすめです。
自分のタイミングで衣類を出し入れすることができるので、急に衣類が必要になった時も出し入れすることができます。

デメリットとしては自分からトランクルームに行かないと出し入れすることができないので手間がかかることです。

メリットは自分のタイミングで出し入れすることができないので自宅の近くなどにあれば倉庫のような感覚で利用することができます。

もし、頻繁に衣類を出し入れする予定があるまた、その量も多いのであれば屋内型のトランクルームをお勧めします。

衣類の量によって決める

これまでタイプ別に衣類を預けるならどのタイプのトランクルームがいいか解説しましたが重要なポイントは衣類の量かと思います。

衣類の量が少ないのであれば宅配型で多いのであれば屋内型のトランクルームがお勧めです。

後はトランクルームから衣類を出し入れするタイミングが多いのか少ないのどちらかで自分に合ったトランクルームを選ぶと良いでしょう。

少量なら宅配型もあり

宅配型のトランクルームは専用の段ボールに詰めて倉庫に送るような形になります。
箱に詰めるので大量の衣類であれば送るのは難しいです。
もし、少量の衣類を預ける予定であれば宅配型をおすすめします。

東京で衣類を預ける時の注意点

東京でトランクルームに衣類を預けるときの注意点を紹介します。
東京の気候は湿度が高く気温も高いので注意しないと衣類が痛んでしまう可能性があります。

防虫や防湿グッズなどを使って対策する必要があります。
特に注意手するべきポイントを紹介します。

湿度に注意する

東京でトランクルームに預ける時は湿度に注意することが大事です。
衣類は湿度に弱いため痛んでしまう可能性があります。

そのため、空調が完備しているトランクルーム、また自分で除湿剤などを配置して対応する必要があります。
まずは空調が完備されているのか、もしないのであれば、除湿剤をおいて対策することをおすすめします。
これは夏に限ったことなので冬だけ預ける方は特に気にしなくても良いかと思います。

熱射に注意

もしトランクルーム内の窓に日差しが入る箇所があるならそこに衣類をおかないように注意することが必要です。

熱射などにより衣類が焼けてしまって色が変わってしまう可能性があります。
そのため、トランクルームの収納スペースで衣類を置く場所が直接日光が当たらないなど注意する必要があります。

衣類を預ける時の便利グッズ

犬をつけるときの便利グッズを紹介します。
衣類を預ける時は自らも対策をして、預けなければいけません。

トランクルームの会社に過失がある場合も保証対応になりますが自らの管理によるものは対象にならないものもあるので事前に対策をしておきましょう。

防虫剤

トランクルームに衣類をつけるときは防虫剤を置いておくことをおすすめします。

衣類の大敵の1つに虫食いがあります。
しかも、預けてからしばらく放置する可能性があるものであれば虫食いには注意しなければなりません。

預けるときに収納スペースに防虫剤を置いておくかかけておくことをおすすめします。

除湿剤

こちらは東京のトランクルームにいるよ預けるときに注意するポイントですが湿度がかなり高いので除湿剤をおくことをおすすめします。

女装しないとかなり湿度が高い状態で衣類を保管することになりますので痛んでしまう可能性が高いです。

こちらもトランクルームの収納スペースに除湿剤を置いておくからかけておくことをおすすめします。

注意しながらトランクルームに衣類を預けよう

衣類は自宅のスペースを取るものの1つです。
しかし、トランクルームをうまく活用すれば自宅にスペースが空き他のことにも利用ができるようになります。

トランクルームを預けるのにも自分がどのぐらいの量なのか取り出すタイミングによってどれがいいか変わってきますので自分に合ったトランクルームを見つけてみてください。